社員研修のメリット・デメリット

社員研修の実施が会社にもたらすメリット

社員研修は多くの会社や団体で実施されています。社員研修にもメリットとデメリットがありますのでそれぞれを紹介します。
まずはメリットについてです。参加する社員全員が同じ研修を受けることで一定の知識や技能を習得することができます。また、社員に対し理念や経営方針などの重要な情報のみならず、企業が順守しなければいけないコンプライアンスにかかる情報などを正式な場として伝えることができるのも魅力です。また社員が同じスキルを持っていることで、急な退職や病欠が発生してしまった場合でも、代役を立てることができるため業務に大きな支障が出るのを防ぐことをできます。自らが属する組織に対する忠誠心を高めるという観点からも効果があると言えます。

社員研修の実施が会社にもたらすデメリット

次にデメリットについて紹介します。
社内研修を外部の講師に委託する場合、委託コストが発生するのはもちろんですが、重要な社内情報を外部に公開するというリスクがつきまといます。そして当然ですが、研修時間中についても社員への給与が発生します。また、一斉に開催する社員研修はスケジュールの都合上、個々の理解度に合わせて進めることができないため、しっかりと理解できないまま研修を終えてしまう社員も生まれてきてしまうことを忘れてはいけません。実施する側が研修に対する明確な目的を持ち、PDCAサイクルを意識し、研修内容をフィードバックさせる仕組みを構築しなければ、社員研修は開催したという事実だけが残り、社員にとって内容が身につかないまま終わってしまうことも懸念されます。