大企業に学ぶ社員研修

新人研修会で身に付けること

会社に新入社員として入ると社会人としての自覚と会社のルールなどを理解してもらうために新人研修と呼ばれる研修を多くの大企業ではやっています。新人研修で主に習う事としては、社会人として最も大切な挨拶を大きな声でいえるように何度もやります。それが出来ると社訓や企業の風土などを一通り教えたりしてそれぞれが職場に行って会社の事を全く知らないという事がないようにします。
新人研修は、上記のように社会人の基本的なルールやモラルなどを教える事が一つの目的ですがそれと同時に慣れていない会社に入って右も左もわからない新人同士の懇親会の場でもあります。新人研修は泊まりがけでやる事が多く共同作業などを通して協調性を磨いたりする事を目的にしているのです。

新人研修会で感じる事

新人研修会は、同期の懇親会の場であり会社の社訓や社風、挨拶など基本的な事を教える事を目的としているために厳しいと思う事もあるかもしれませんが本来一人では経験出来ない事を習ったり実行するため良い経験になる事は間違いないと思います。新人研修会は、本社でする事もありますが空気の綺麗な山奥の禅寺などに行って規則正しい生活を通してやる事もあります。
ちょっとした旅行のような感じで出かけるため始めはワクワクするのですが現地に到着して始まると社会の厳しさを垣間見る場面もいくつかあると思います。どこの会社も挨拶が社会人の基本となるためこれをきちんとみんなが出来なければ前に進む事ができません。新人研修会は、同期が一緒に行動できる最初で最後の研修であるため厳しい事があっても終わればとても良い思い出になる事は間違いないと思います。